2019年08月05日

ワーキングホリデー@

はじめまして。
ふるさとワーキングホリデーという制度で白川町にお世話になっております、寺澤なぎさです。

初日はバスで名古屋まで行き、そこから電車に乗って白川口駅まで来ました🚌
出身が長野で、岐阜県はお隣さんなので勝手に遠くないと思い込んでいて・・・笑
予想以上に時間がかかって、少しびっくりしました👀

白川町に来てから早一週間、充実した毎日を過ごさせて頂いております。
町内案内をしていただいたり、取材に同行させていただいたり、
愛知県の大学のボランティアサークルの皆さんの活動に参加させていただいてトマト農家さんにお世話になったり・・・
初めての経験も多く、白川町に来てから一日一日がとても濃いです。

白川町に来て感じたことは本当にたくさんあるのですが、
なんといっても川が綺麗なのと、本当に人々が皆さん優しくて
どうやったら皆さんのようなあたたかい人間になれるんだろう、思う毎日です。

あと1週間という短い期間ですが、白川町についてもっともっと知りたい!詳しくなりたい!!と思っています。
精一杯頑張りますのでよろしくお願いします。
posted by 白川町地域おこし協力隊 at 13:45| 岐阜 ☀| Comment(0) | 協力隊からのおしらせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月08日

白川町の皆さんありがとうございました!

こんにちは!ワーホリ制度を利用して、白川町にお世話になっている橋本です

お昼休みに味噌汁を全身にぶちまけました。
レンジで味噌汁を温めてる最中に器が傾き、開けた瞬間とびかかってきたのです、、、
しみじみ悲しくなっていますが、ワーホリ中の思い出話が一つ増えたと前向きに捉えます(笑)

さて、今日でいよいよ白川町役場にお世話になる最終日です!
この二週間、白川町の色んな所に連れて行っていただけたり、白川町の方々にたくさんお話を伺ったりできて何も知らなかった白川町のことを少しずつ知ることができました!協力してくださった皆さん本当にありがとうございました

白川町での生活は、ずっと神奈川に住んでいた私にとって新しい発見の連続でした。
今まで、農村地域は人が少なく過疎化や少子高齢化に困っているという印象でしたが「白川町」という地域の魅力を知ることができました。
朝起きた時のすがすがしさ、川の水の綺麗さ、地産地消の魅力、四季折々の伝統行事、白川町のことを思いやる地域の方々の温かさ、、、
どれも、私の普段の生活には無いものばかりです。

白川町に来て、挨拶をすると人はつながれる、手間ひまかけて育った作物は美味しい、豊かな自然の空気は美味しいなど普段の生活で忘れていたこともたくさん思い出すことができました。


こうして2週間を振り返ってみると、出会った皆さんの温かい笑顔がたくさん思い浮かびます。
白川町の方々のおかげで白川町の魅力をたくさん知ることができました。
2週間という短い期間でしたが、とっても充実した楽しい時間を過ごせました。


また、これから地元に戻りますが、大学でもっと地域について深く学び実践に生きるような学びがしたいと思うことができました。残りの大学生活を大切にして、たくさん吸収して白川町に戻って来たいです。

四季の魅力いっぱいの白川町に違う季節にまた遊びに来ます
白川町の皆さん、本当にありがとうございました!

IMG_3258.JPG
この二週間の白川町の景色を思い出しながら書きました

橋本緑子
posted by 白川町地域おこし協力隊 at 18:56| 岐阜 ☀| Comment(0) | 協力隊からのおしらせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月07日

ワーホリ11日目<思いやり>


こんにちは!ワーキングホリデー制度を利用して、白川町にお世話になっている橋本です

本日も、白川北子育て支援センターのプログラムに参加させていただきました!
すくすく学級が町民会館で行われ、21組の親子が参加して大賑わいでした
少子化が進んでいるイメージが強かったので、赤ちゃん多いっとびっくりしました。
ただ、この広くてたくさんの地域がある白川町で、一つの支援センターに集まっていると考えると少ないとも感じます。

本日は、うたあそびサークルミッキーさんが人形を使った歌遊びをしてくださいました
まだ1歳に満たない赤ちゃんたちものりのりで見ていました。歌に合わせて人形が次々出てきて、私もとってもわくわくしながら見させていただきました(笑)

今回の様子は取り損ねてしまったので夏のイベントの様子の写真をいただきました。すみません…
黒川ふるさと夏祭りの時の様子。
子育て支援サークル ミッキー3.JPG
お子さんをおんぶしながら人形劇をするお母さんも!

うたあそびサークルミッキーは、お母さん方が集まったサークルで白川町のイベントを中心に活動しているそうです。
メンバーには、移住された方も何人かいて白川町の魅力についてたくさん教えていただきました。

中でも、印象的だったのは「白川町はやりたいと思ったらどんなことでもできる!都会にいるより世界がずっとひろくなる!」という声です
白川町は地域の方同士の関わりが多いため、赤ちゃんからお年寄りまで様々な年代の人、自分とは違う職に就いている人、ずっと白川に住んでいる人、違う地域から移住してきた人、などいろんな人と関わることができて自分の世界が広くなる
また、白川町に住んでいて「もっと、こうしたらいいな、こうしていきたいな。」と思ったら、そういった様々な強みを持った人が協力してくれて実現できるということです。

確かに、白川町の方々にたくさんお会いしてお話を聞かせていただきましたが、皆さん、白川町のために色んなことをされてるという印象を強く受けました。地域のことを思いやって活動したり、地域の人々のことを思って活動したり、地域への温かい思いやりがとっても素敵だと思います。

お話を聞いていて、自分がもし白川に住んだらこんなことに挑戦してみたいな〜と想像が膨らんでしまいましたそれぞれの人が思っている気持ちを生かせる町!白川町!また一つ白川町の大きな魅力を知ることができました

では、また!
posted by 白川町地域おこし協力隊 at 09:44| 岐阜 ☁| Comment(0) | 協力隊からのおしらせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする