2019年01月31日

はじめての岐阜 はじめての白川町

はじめまして! 

東京から「ふるさとワーキングホリデー」の制度を利用して来ました、須田麻菜美といいます
尾崎さんからバトンタッチして、今回からブログを書かせていただきます。

まず私がなぜ白川町に来たのか、についてお話します。
私が通っている大学は春休みが一月中旬から四月上旬までの約三か月間あり(長いですね)、「休み期間中になにかしたいな…」と考えていたところ、大学の友達にこのワーホリ制度を教えてもらいました。元々まちづくりや地域活性化に興味があったのでその分野のお仕事を検索すると、なんと岐阜県しかヒットせず…!選択の余地なくこの町にやってきました(笑)これも運命なのでしょうか。

私は白川町だけでなく、岐阜県に来たのも今回がはじめてです。
白川町の第一印象は今までのワーホリ生と似ていますが、「雪が降っていて、寒くて、人が少ない!」でした(笑)
特に朝晩の冷え込みがすごいですね、車のガラスに霜が降りて凍ってしまっている光景を初めて見ました
地方は車社会だ、という話は聞いたことがありましたが、それを身に染みて実感している今日この頃です。

今日で白川町に来て四日目になります。協力隊の方に町内案内をしてもらって、雪で真っ白になった大山白山神社に行ったり青く透き通った川をみせてもらいました他にもスイスの大学生による白川町をよりよくするための建築提案報告会を聞いたり(すごくおしゃれで様々な要素が考慮されていてびっくりしました)、白川町の方々とお話をしたり…
先日は白川茶のおいしいいれ方をレクチャーしてもらいました!人生初の氷出し茶も経験…濃厚でした。

約二週間という短い滞在期間ではありますが、さまざまなことを見て、経験するとともに、色々な人との交流を楽しみたいと思います。
よろしくお願いします!
posted by 白川町地域おこし協力隊 at 14:34| 岐阜 ☁| Comment(0) | 協力隊からのおしらせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月30日

ありがとうございました!

こんにちは!ワーホリ生の尾崎結香です。

3週間目も充実した毎日を過ごさせていただきました!今回もその中から特に印象に残っていることをお伝えしたいと思います〜

まずは、愛知県にある大学の研究発表会に参加したことについて!

プロダクトデザインや建築を専攻している大学生の方々が「白川町プロジェクト」というテーマのもと、町が活性化するためにあったら良いなと思う製品を提案したり、白川町全体を題材として町の構成を考え、実際に作った模型を発表したりするという、なんともクリエイティブな会でした。製品の方も町の構成の方もとても興味深いものが多く、ほんとに現実になるんじゃないか!というものもあってワクワクしました。具体的な発表内容としては、町に交流をもたらすシェア空間があれば良いなという想いのもと、町の一部の空間を東濃ヒノキを用いたアーケードで覆って空間を作ってみてはどうか、とか、白川を水の廊下と見立てて、白川街道沿いを学生と住民が行き交う場所にしてはどうか、のような発想力に驚かされるものがたくさんあり、全体としては“無から有を生み出す”という感じがして、創造力に心が動かされました。様々な分野の学生がいろんなことをきっかけとして町と関わりをもつのは素敵なことだなあと改めて感じました。

次は、星空観測会について!

シェアハウスでお世話になっているあおいさんたちと一緒に、夜中に素敵な音楽を聴きながら星空を眺める、というとてもロマンチックな時間を過ごすことができました。「星」の概念が変わってしまうんじゃないか!というぐらい想像を超える綺麗さで、見たことのない程の星の数で、流れ星も見られて、白川町でこの景色に出会えてほんと良かったな、と心から思った素敵な夜となりました。

最後に!私は今日でワーキングホリデーが最終日となってしまいました。ブログで触れた出来事の他にも本当にたくさんのことを経験させていただきました。白川町ならではの貴重な体験をさせていただいた方、町の活性のためのワクワクがとまらない企画などのお話を聞かせていただいた方を含め、白川町で出会えた方々に感謝の気持ちでいっぱいです。ご縁のある白川町とこれからも繋がりを持っていきたいと思います。本当にありがとうございました。

最後の最後に!28日から次のワーキングホリデーの子が見えています!ので、ブログの方もバトンタッチです!次の更新をお楽しみに・・☆

posted by 白川町地域おこし協力隊 at 09:09| 岐阜 ☁| Comment(0) | 協力隊からのおしらせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月22日

ワーキングホリデー折り返し地点!

こんにちは!ワーキングホリデーでお世話になっている尾崎結香です〜

2週間目もいろんな集まりに参加させてもらい、貴重な刺激を受けたなぁとしみじみ感じております!

まずお伝えしたいのは「醤油絞り」について!

恥ずかしながら、私自身は普段、醤油がどうやってできているのかなんて全く考えたことがなかったです。醤油の濃度や温度を絶妙に調節する職人技や、火入れをして不純物を取り除くことで徐々に醤油が完成していく過程には感動しました。自分たちが食べるものにこだわりを持って、そして自分で作ろうという意識そのものがとてもかっこいいなぁと感じたし、田舎にいても都会にいても、モノを生み出している人の存在を忘れずにいたいな、と思いました。

続いてお伝えしたいのは「東濃ヒノキ白川市場新春初市」について!

そこで東濃ヒノキがFSC認定を受けて東京オリンピックの選手村建設に使われる、という素晴らしいニュースを知りました。木にも認定とかがあることを知らなかったです。そう言えば、ここにきてから、山や木についてのお話を聞かせていただく機会が多くあります。今までは「日本って緑が多くあって良いよね」というすごく浅い認識しかなかったのですが、ただ木が生えていれば良いっていうのは間違っていて、針葉樹と広葉樹のバランスであったり、そもそも人間が使いやすいような木を一気に植えすぎたことが問題であったりするんですね。放棄耕地や放置林、放竹林など、人が原因で手に負えなくなってしまった自然の現状には考えさせられるものがあります。とまれこうまれ、白川町に関わっている期間がかなり短い私が言うのもなんだかおこがましいですが、東京オリンピックで白川町の木が使われるのはとても嬉しいと思います。

この他にも多くのイベントや勉強会に参加することができて、考えるきっかけづくりになったり、発見に繋がったりしてるなあとしみじみと思っております。

ワーキングホリデーの期間も折り返し地点辺りです!3週間目も楽しく過ごしていきたいと思います!ではまた!

posted by 白川町地域おこし協力隊 at 09:58| 岐阜 ☁| Comment(0) | 協力隊からのおしらせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする