2019年03月04日

あんしんおいしいたけ


こんにちは!ふるさとワーキングホリデー制度を利用して、白川町にお世話になっている橋本です

今日でちょうど白川町に来て一週間です!私が白川町に来て、一番感動したことがあります。
それは、、、

生産者が分かる!知っている!

という素晴らしさです!!!

私は食べることが大好きで、1日でご飯の時間が一番の楽しみです
白川町に来て葵さん家にお世話なり、ご飯も作っていただいて、白川町はお米も野菜もお肉も美味しいな〜としみじみ感じていたのですが
それもそのはず!!ほとんどが白川町で作られた新鮮な食材だからでした!!!

私は、大学で農業系のゼミに所属し、地産地消について学んでいたので地産地消が身近な白川で行われていたのか…!と衝撃を受けました。

地元の横浜では農家さんは身近にいないため、私は今までスーパーに並んでいる食材を、農家さんが手間ひまかけて作ってくれていることを全然考えていませんでした。

先日、佐見でしいたけを育てている清水さんに会いに行きました。

清水さんのしいたけ園では、県内産の原木を使い、原木栽培でしいたけを育てています。ここでは、機械はほとんど使わずに菌植えから袋詰めまで手作業で行っています。そして、しいたけを適温で育てるビニールハウスは、しいたけを育て終わった廃原木を燃やすため、化石燃料を使わず、カーボンニュートラルで環境にも優しいです。

このように、清水しいたけ園のしいたけは愛情がいっぱい込められ、手間ひまかけて育てられていて、県内産の原木を使い、カーボンニュートラルで白川町の環境にも優しいしいたけです!

この愛情たっぷりしいたけが白川町では、役場からも近い道の駅「ピアチェーレ」で買えるんです

自分の知っている農家さんが

心を込めて作ってくれた食材は、

買うときも「ホっと」温かい気持ちになり、

食べる時も美味しさが大きくなるなと感じました

残り一週間も白川町の美味しい食材を、農家さんに感謝の気持ちを忘れずに思う存分味わいたいと思います!

IMG_3192.JPG
菌打ちを一つ一つ行っている様子

IMG_3189.JPG
しいたけが生えるのは菌打ちしてから2年!
IMG_3194.JPG
袋詰めもしいたけ一つ一つ大きさを見ながら分けていきます
IMG_3199.JPG
お話を聞かせてくれた清水さん


posted by 白川町地域おこし協力隊 at 14:55| 岐阜 ☁| Comment(0) | 協力隊からのおしらせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月01日

ワーホリ2日目<黒川巡り>


こんにちは!ワーホリ制度を利用して、白川町にお世話になっている橋本です

2日目は、坂田さんと野呂さんに黒川の方へ案内していただきました。
まずは、白川町林業センターの中にある木林カフェにお邪魔しました。
飲み物を注文すると、モーニングプレートもいただける嬉しいサービスがあります。
朝の10時過ぎに伺いましたが、お客さんがたくさんいて賑わっていました。
とても居心地の良い店内で、朝から贅沢な時間を過ごせました

IMG_3170.JPG
私はココアを頼みました。フレンチトースト、サラダ、コーヒーゼリーがセットでいただけます。甘さ控えめのココアとふわふわのフレンチトーストがとても美味しく身も心も温まりました。

次に黒川の、木々に囲まれその間に川が流れるところに連れて行っていただきました。
車を停めて、10歩ほど歩くといきなり森の中に!
木々が生い茂り、川のせせらぎが響き渡っていました。
白川町に来てから、川のせせらぎの心地よさを改めて実感しています。
聞いているだけで心が浄化され、リフレッシュできますよね。

IMG_3174.JPG
ずっと上の方から岩々の間を流れてきたこの川の水は透き通っていて美味しく飲むことができます。

続いて、黒川にある和菓子屋さんの「白川菓匠大黒屋」を伺いました。
店内の中には、柚子饅頭、まめなかなという方言銘菓(ダックワーズの中に白川茶餡を入れ和に仕上げたもの)、いちご大福などの和菓子からさくさく生地のシュークリーム、瓶に入った手作りプリンなどもあり、目移りしてしまいます。
私は、一目惚れした窯出しなめらかプリンをいただきました
今まで食べたプリンの中で一番とろとろで口に入れた瞬間溶けてしまいました。絶品で、ワーホリ期間中に何としてでももう一回食べたい一品です!(笑)


IMG_3176.JPG
白川町の方々に愛されている和菓子屋さんです。

白川町の豊かな自然と、そこから生まれる美しい川、大黒屋さんの窯出しプリンに魅了された1日でした。
posted by 白川町地域おこし協力隊 at 10:14| 岐阜 ☀| Comment(0) | 協力隊からのおしらせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月27日

ワーホリ1日目<白川村マスターになりたい!>


こんにちは、ふるさとワーキングホリデー制度で白川町にお世話になってる橋本です。

昨日は、地域おこし協力隊の野呂さんに白川町を案内していただきました。
白川町について知識が全然無かったため「そうなんだ!」と一日中新しい発見の嵐でした。

まず、白川町は五つの川で地区が分けられているそうです。
案内していただいてるときに常に生い茂った山々と、透き通り水面が輝く川が常に見えたのが印象的でした。

IMG_3163.JPG
お世話になっている白川町役場すぐ近くの階段を降りると「白川」が流れています。川のせせらぎが気持ちよかったです。

初めに、白川から20分ほど車で走ると見える「大山白山神社」に連れていっていただきました。
木々の中に囲まれてひっそりと佇む鳥居は厳かな雰囲気がありました。
上へと続く長い階段を上っていくと、樹齢1200年を超える大杉が見えます。
1200年前からずっとここに立ち、来る人々を見守ってきたと考えると畏敬の念を抱きます。

大きな鳥居の先には、長い階段が続きます。


IMG_3142.JPG
木漏れ日が差し込み、神秘的でした。

続いて、早めのお昼ごはんにしようと上佐見にある「Soia」という農家カフェに行きました。
私はナポリタンと温かい豆乳のセットをいただきました。
ナポリタンは優しい味で豆乳が入ったふわふわ卵との相性抜群です。付け合わせの豆腐も大豆の味が濃く美味でした。
温かい豆乳は後味がすっきりしていて飲みやすかったです。

IMG_3145.JPGIMG_3147.JPG
豆腐好きの私にはたまらないカフェでした。

続いて、白川の方へと戻り美濃白川の道の駅に行きました。こちらには、温泉もあるそうで地域の方もよく利用しているそうです。私も滞在中に一度は行きたいです。

そして、そのすぐ横には「白川野菜村チャオ」という農家さんから毎日届く白川の新鮮な野菜を販売しているお店や「てまひまの店」という白川の食材を使ってお母さんが手作りしたお弁当やシフォンケーキが並ぶお店があります。

IMG_3154.JPG
お店前の手作りの風車がカラフルで可愛い白川野菜村チャオ。
IMG_3157.JPGIMG_3158.JPG
店内にはお弁当のほかカフェスペースもあり、出来立ての美味しい母の味を楽しめます。

その後、切井、黒川の方も案内していただきました。
切井は坂道が多い印象でしたが、黒川まで出ると山が開け住宅も連なっていました。

そして、切井では可愛い馬の太郎君に会いました。「太郎君!」と名前を呼ぶとこちらに来てくれました。太郎君の飼い主さんはとても穏やかで優しい方のようで、やっぱり飼い主に似るんだなとしみじみ思いました(笑)

出会って速攻太郎君の可愛さにメロメロにです…

長々と語ってしまいましたが、活動1日目からとても充実した時間を過ごすことが出来ました。明日からもたくさんの発見をしていきたいと思います!

posted by 白川町地域おこし協力隊 at 15:34| 岐阜 ☀| Comment(0) | 協力隊からのおしらせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする