2018年03月19日

ワーホリで何をする?

こんにちは!ふるさとワーホリ生、齋藤海里です!

ワーホリについて、今、ちょっと考えたことを書きます。

私は今、総務省のふるさとワーキングホリデーという制度を利用して、白川町役場でアルバイトをしています。
この制度は、宿泊費、交通費が補助され、アルバイト代が出る。期間は2週間以上だから、かなりそこの地域を知ることができる。
この制度を利用する人は、地域をかなり知ることができる、かなりお得な制度なのです。
私は、このお得さにハマり、ふるさとワーキングホリデーに4回参加しています。

でも、このままでは、なんか、私、アカンなぁということを最近思っています。

たまたまなのですが、私がこれまでのワーホリでお邪魔した企業さんは、仕事という仕事がない。
「これをする」という決められた業務はなく、地域の人のお手伝いだったり、色々な場所に行くのに同行させてもらったり・・・。
まだ社会人として働いた経験がないので、どういうものを仕事ということができるのか、どういう労働に対して他者は賃金を得ることができるのかは全然わからないのですが・・・。

今も、目の前の嶋田さんに「暇なの?仕事がなくてごめんねぇ」と言われてしまいました。

こういうときに、しっかり自分で仕事をつくれる人になりたい。

「なりたい」というか、ならないと・・・!!!

とにかく、こんな手ぶらの状態で色んな場所のヒョイヒョイ行っているけど、それは受け入れてくれる地域に対して後ろめたさを感じてしまうし、私もどこか虚無感を覚えてしまいます。
私に何ができるのかな、できたのかな、何か残せたのかな・・・?と。

でもでも、勘違いしてほしくないのは、
ワーホリ行って、本当によかった!!
今までワーホリ行ってきて、すごくすごくすごく楽しかったし、会いたい人たちが出来ました。
素敵なたのしい、おもしろい、あったかい人たちと出会って、自分の見聞を広げることができたし、本当に行ってよかったと心から思います。今までワーホリで出会った人、みんなに感謝しています。
これからもずっとずっとずっと交流は続けていきたい。

今の私がワーホリを通じてできることは、何なのかとずっと考えています。

ずっと考えていて、ずっと分からないままでいます。
帰るまでに何ができるのか、はたまた、帰ってから何ができるのか。

お得な制度に乗っかって、
あ〜たのしかった。良いところだった。
だけでは終わらせたくない。

自分と白川町、お互いがWINWINの関係になれるようにしたいです。
私からすると、現状、私だけのWINになっている気がしてしまっています。

いつ、どのタイミングで自分の行うことが、白川町に返せる何かになるかは分かりません。
でも、だからこそ、今、白川町にいることのご縁に感謝して、
白川町の魅力も、魅力となり得ないところも全部全部吸収していきます。

白川町の滞在は残り6日。
白川町で生活をしている人たちと同じ時を過ごせる、今この時間を大切に過ごしていきたいです。

しみじみ、白川町、いいところだなぁと感じています。
自分の力で町のためになることをして、また、それによって自分と自分の周囲の人の幸せになることをしたいです。
町と自分の幸せがイコールになることができるような。
それが、いつ、どのような形になるかは、これからですが。

白川町、すごい良いところだよ、すごく好きだよ、ということを全力で伝えておきます。

引き続き、(自称)白川町魅力発見隊として活動して参ります。
今後ともよろしくお願いします。
posted by 白川町地域おこし協力隊 at 17:47| 岐阜 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: