2015年12月10日

グリーン・ツーリズム、インストラクター育成スクールを受講してきました!

こんばんは。白川町地域おこし協力隊です。
12月1日(火)〜4日(金)に茨城県つくば市で実施したグリーン・ツーリズム育成スクールに参加してきました。
参加者は、グリーン・ツーリズム事業に携わっている方を中心に岩手県から鹿児島県まで全国から21名集まりました。

11012700_523431404489698_5237404951679059721_n.jpg

※グリーン・ツーリズムとは?
「農山漁村地域において自然、文化、人々との交流を楽しむ滞在型の余暇活動」、
「農山漁村で楽しむ、ゆとりある休暇」などと定義付けられています。<農林水産省/「グリーン・ツーリズム」とは より一部引用>

主催は一般財団法人都市農山漁村交流活性化機構(まちむら交流きこう)。
講師は、宍戸信一さん、清水啓智さん、花垣紀之さん、畠山徹さん、鈴木達志さん、中村文彦さんの6名。
12246991_523649961134509_4687291031744166579_n.jpg

初日は講義を中心に意見交換会が行われました。
12299176_580829465419489_3654544727195366996_n.jpg

講義では国内旅行の状況として、団体旅行よりも個人旅行の方が1:9の割合で増えており、内容も景色や名所を見るといった観光型のものではなく、体験型(地域の暮らしを疑似体験したり、プロと同じ作業をすることで一瞬プロになった気分を味わったり、学びたいというスタイル)になっている。

また地域で体験型の企画を立てるときは、地域の暮らしを疑似体験したり、異年代交流や地域住民との共同作業などを入れることで、質の高い体験(学習)にすることができるとのこと。

印象的な言葉は「あくまで地域の暮らしを疑似体験したり、プロになった気分を味わったりすること」。

例えば田植え体験。
よく目にするのが手植え体験。
機械に頼らない昔ながらのやり方ですが、都市生活者が求めるのは「本質に触れられる体験」。
確かに手植え体験することで農業に関する知識は深まると思いますが、現在のスタイルは機械が主流であり、本当に農業を体験するなら手植えではなく機械を使った体験を作り上げることがベストとのこと。
農村漁村に住んでる人の暮らしそのものが、グリーン・ツーリズムの体験内容になると思いました。

2日目は近くにある集落でフィールドワーク。
12304264_581238352045267_1658754408815643752_o.jpg

1グループ5〜6人の班を作りグループごとで活動。
集落にどのような地域資源があり、どのような体験内容が企画できるかグループで考え、プランニング表を作成しました。
12314578_581238992045203_1852016107204535352_o.jpg

プランニング表は進行表はもちろん、トラブル時の対応、その体験で参加者に何を伝えたいのか、どうしてもらいたいのか、しっかり考える必要があり、作成するにあたり22時〜23時ごろまで話し合いが行われました。
12314128_761989843929426_1961667411725634369_n.jpg

3日目は2日目に作成したプランニング表をもとにツアーを実施。
他の受講生にお客さん役を演じてもらい、インストラクターとして集落を案内しました。

12321567_938650476228264_1859479292473044730_n.jpg

CVVxXn2U8AAv_Lw.jpg

案内終了後は研修室に戻り、ヒアリング。
感想、反省点、アドバイスなどを皆さんと共有しました(*^-^*)

そして最終日の4日目。
プランニング表とフィールドワークを振り返り、
グリーン・ツーリズムインストラクターの認定試験を受けました。
合否は後日郵送のためまだ分からず…。

気づけばあっという間に研修が終わってしまいましたが、研修で学んだ知識を今後の企画に反映したり、今後の活動に活かせるよう頑張っていきたいと思います(*^^*)
12341016_523649924467846_7362441795538549407_n.jpg
posted by 白川町地域おこし協力隊 at 19:13| 岐阜 ☀| Comment(2) | 観光・グリーンツーリズムプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんわ。
広報無事届きました。
お忙しい中本当にありがとうございました♪
Posted by himekichi at 2015年12月10日 23:00
こんにちは。村上です(*^^*)
こちらこそお忙しい中、電話対応ありがとうございました。今後もよろしくお願いします。
Posted by 村上健太 at 2015年12月11日 13:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: